返済する

 お金を借りたあとに必ずついてくるのが返済です。
よって、「どれくらいずつ返して行けば良いのか」、 「どうやって返せばいいのか」の知識は必要不可欠です。
以下に、代表的な返済金額設定と返済の窓口を紹介します。

返済額の設定の種類

  元金自由返済
最低ひと月に1回は利息の入金が必要です。
元金の返済は余裕のある時に1円単位で入金ができます。

  元金定額返済
毎月支払う返済額のうち、元金の額が一定です。
元利均等返済に比べて、元金の減少が早いため、返済がすすむにつれて、毎月の返済額は少なくなります。

  元利均等返済
毎月支払う返済額が一定です。
返済がすすむにつれて毎月の返済額に占める利息の割合が少なくなり、元金の割合が多くなります。

  残高スライド方式
支払いの都度元金残高を減らしていくために、自動的に残高に応じて支払い額が決められる方式を残高スライド方式といいます。
返済の窓口

  振込型(銀行振込)
銀行から指定の口座に入金して返済する方法です。

  現金送金型(郵便書留)
郵便局から「現金封筒」に直接現金を入れて送ることで返済する方法です。

  ご来店
店頭にて直接現金を渡して返済する方法です。

  口座振替
口座から自動で返済額が引き落とされる方法です。

  ATM
金融機関や郵便局などのATM(現金自動預け入れ払い機)にて、お金を返済する方法です。

ご利用は計画的に

 
 
Back Close