学生ローン選び

 利用計画が決まりましたら、それをもとに学生ローンを選びましょう。
以下に、選び方の例を紹介いたしますので、参考にして下さい。

緊急にお金が必要なとき
大きな金額を長期間借りる場合
返済方法で選ぶ
目的ローンなどのお得なサービスを活用する
安心して借り入れが出来るように営業実績で選ぶ

緊急にお金が必要なとき

 数ヶ月で返済できる目処があるのであれば、最終的な利息の差は数百円から数千円ほどしかありませんので、即日お振込みなどの融資のスピードで選んでも良いでしょう。
大きな金額を長期間借りる場合

 この場合は、最終的な利息の合計金額が大きくなるだけでなく、高金利のサービスを利用した場合、返済が困難になりかねませんので、出来るだけ金利の低いサービスを選びましょう。
 注意)金利の表記には、実質年利を月換算して掲載している場合がありますので、お間違いの無いように気をつけましょう。例)年利26.0%を月利約2.1%など
返済方法で選ぶ

 翌月からの返済が難しい場合
には、月々の返済は利息のみで余裕のあるときに元金を1円単位で自由に返済出来るコース(元金自由返済)があります。
 *利息の目安>1万円を年利24%で借り入れした場合ひと月の利息は約198円です。
 また、返済方法も、銀行振込み・銀行引き落とし・郵便書留・ATMなど、各社で違いがありますので、自分の利用しやすい返済方法のできる学生ローンを選ぶのも良いでしょう。
目的ローンなどのお得なサービスを活用する

 各学生ローンでは、期間サービスなどで利用目的によって割安な金利で融資をしている場合があります。
自分の利用目的と合うものがありましたら、活用してみるといいでしょう。
 例)借り入れ目的が旅行に関係するものであれば18.0%→16.8%にお利息ダウン!
安心して借り入れが出来るように営業実績で選ぶ

 登録番号
などで営業年数をチェックし、長い年数営業しているところを選びましょう。
接客や取引のシステムなどのサービスが良質でなければ長期営業することは出来ませんので、営業年数は実績を計る一つの要素です。
俗に闇金融といわれる、暴力的な手口で違法な利息を請求する金融も、長期営業が出来ませんので、営業実績のチェックは重要であるといえるでしょう。
 (*偽りの登録番号を利用している場合があるかもしれませんので、闇金融にご注意!のコーナーにあるチェック項目を確認しましょう。)

 自分に合った学生ローンがある程度絞れましたら、次のページで紹介する申込方法をチェックしましょう。

Go to Next

 
Back Close Next